第67回 広島県保育事業研修大会を開催しました。














開催期日  2019(令和元)年6月26日(水)~27日(木)
場  所  広島市南区民文化センターホール他
参加者数  287名

6月26日(水) 10:20~11:00
式典

11:00~12:00
基調講演 「行政説明」
厚生労働省 子ども家庭局 保育課 保育指導専門官 鎭目健太氏

13:00~16:30 分科会
第1分科会 「新たな時代の保育実践~すべての子どもにむけて~」
     神戸松蔭女子学院大学 教授 寺見陽子氏
第2分科会 「保育者の資質向上を図る」
     鶴見大学短期大学部 教授 天野珠路氏
第3分科会 「配慮を必要とする子どもや家庭への支援にむけて」
     あいち障害者センター 理事長 近藤直子氏
第4分科会 「「食を営む力」の基礎を培う食育の推進」
     相模女子大学 教授 堤ちはる氏
第5分科会 「幼児教育無償化と新制度の見直しについて」
     遊育 編集長 吉田正幸氏

6月27日(木) 10:30~10:50
全体会 広島県『保育士・保育教諭キャリアデザイン』のご紹介。
    アッピール文朗読

10:50~11:30
行政説明「行政説明」
広島県教育委員会 事務局 教育部
乳幼児教育支援センター 主幹 小谷幸代氏
行政説明「行政説明」
広島県健康福祉局 安心保育推進課 保育グループ 主査 橋本泰之氏

11:30~12:00
研究論文発表 発表者 福山市立多治米保育所 副所長 河本恵理氏

13:00~15:00
記念講演「保育の質を向上させることと園の説明責任」
東京大学 名誉教授 汐見稔幸氏

6月26日(水) 27日(木) 両日に、広島県保育事業研修大会を開催いたしました。
1日目は午前中、式典を行い、保育に10年・20年従事してこられた保育事業功労者の先生方の表彰がございました。
その後厚生労働省 子ども家庭局 鎭目先生の行政説明があり、午後からは各第1分科会から第5分科会に分かれて分科会を開催いたしました。

2日目は午前中、全体会としまして、今年度広島県保育連盟連合会が作成いたしました広島県『保育士・保育教諭キャリアデザイン』のご紹介をさせて頂きました。
こちらの冊子は6月27日に完成したばかりで、会場に用意しておりました100冊が全て完売いたしました!
ホームページでも今後お申込みを受けつけますので是非お申込みください。
その後、広島県教育委員会乳幼児教育支援センター小谷先生と広島県健康福祉局安心保育推進課橋本先生の行政説明、福山市立多治米保育所 河本先生の研究論文発表と午前中は開催させていただきました。

午後は、東京大学名誉教授汐見先生の記念講演。
「保育の質を向上させることと園の説明責任」をテーマにご講演をいただきました。

両日とも小雨は降りましたが、ひどく公共交通機関が乱れることもなく、たくさんの保育施設の皆様にご参加いただけました。
ご参加いただきました皆様本当にありがとうございました。