「「食を営む力」の基礎を培う食育の推進」研修
研修体系
キャリアアップ
専門分野名
食育・アレルギー対応
主旨この研修会は、第68回広島県保育事業研修大会で実施予定をしていた第4分科会の研修です。キャリアアップカリキュラムとして計画していたものでもあります。内容、講師は広島県保育事業研修大会と同様で実施いたします。ご参加ください。

乳幼児期の食育の推進は、「食べる」ことや「いのち」への関心、さらに適切な食習慣の形成において大変重要です。また、食に関する家庭との相互理解、さらには地域子育て家庭にむけた食育実践や地域の食文化継承などの視点から、家庭や地域との連携のもとで実践をすすめることが必要です。また、現場では、食物アレルギーをもつ子どもへの対応等も大きな課題となっています。本テーマでは、保育所・認定こども園等での食事を通して、「食を営む力」の基礎を培うことができるよう、保護者、家庭や地域と連携した食育の実践、食物アレルギーへの対応、食をとおした保育実践のあり方などについて研究を深めます。
講座テーマ「「食を営む力」の基礎を培う食育の推進」
講師相模女子大学 教授 堤ちはる氏
開催日2021年2月19日(金)
会場広島県健康福祉センター 中会議室
(広島市南区皆実町1-6-29 TEL082-254-7111)
定員90名
参加費 広島県保育連盟連合会会員 3000円 非会員 6000円
お弁当お弁当の販売はございませんので各自でご準備ください。
申し込み期間2020年12月4日(金) 0:00 〜 2021年1月8日(金) 0:00
タイムスケジュール  9:30受付
  9:50開会
 10:00講演午前
 12:00昼食
 13:00講演午後
 16:00終了
注意事項◯参加費は受講決定後、払込用紙を送付いたしますのでそちらを使用し、お振込みください。

◯受付期間後のキャンセルについては、原則受け付けておりませんのでご注意ください。

◯保育士等キャリアアップ研修として受けられる場合は、参加申込書及び同意書に必要事項をご記入の上、メールまたはファックスでお申込みください。